遮熱塗装工事  《しゃねつとそう》

建築物において、断熱というのは非常に大きな問題です。
日光のよくあたる屋上等は、表面温度が50度以上というような、かなりの温度になります。
それをしっかりと遮断しなければ、蓄熱は室内への温度放出となり、室温は上がるばかりです。 そこで、クーラーなどでの冷却が欠かせないものとなってしまいます。 しかし、クーラーなどの強制冷却は壁との温度差・湿度により結露してカビの原因にもなります。
温暖化の叫ばれる現在。 エネルギーの無駄遣いは環境に優しくないだけではなく、電気代などの経済面から見ても好ましいことではありません。

チタンプラスでは、このような環境を改善するために、赤外線反射の特殊顔料とセラミックバルーン入り遮熱塗料「セブンハイクール」さらに超微粒中空ビーズをタップリ含んだ断熱塗料「ヒートバリア」の資材販売・塗装工事を行っています。

コンクリート住宅の多い沖縄で、熱を建物に入れることなくコンクリートの蓄熱を防止して冷房の負荷を下げ、ランニングコストをおさえながらコンクリート自体の熱劣化を防止してゆく外断熱としての遮熱塗料は必需品です。
遮熱イメージ

遮熱塗料セブンハイクール
可視光線と共に、赤外線(熱線)を反射する。



ヒートバリア・セブンハイクールについては「ちーたんのページ」で当社のマスコットキャラクター「ちーたん」がわかりやすく説明してくれます。